副腎疲労外来Adrenal Fatigue

副腎疲労
(アドレナルファティーグ)外来

アルゴメディカルサロンにおける副腎疲労(Adrenal Fatigue)治療に関して

患者様の初診問診では、30分〜1時間程度の時間がかかることが通例です。特に複雑な難治性疾患ではご家族の遺伝的要素、 生活習慣も含めて十分な時間、診察が必要になります。

初診

初診をご希望の方はクリニックから問診票をお受け取りご記入ください。このほか過去の診断書、検査、治療データなどもありましたら添付の上、あらかじめ送付ください。クリニックにて初診の予約をお取りください。

再診

1〜3ヵ月程度に一度の再診を行い、状況に応じた 治療および検査を行い現状の把握、今後の方針 の確認、修正をしていきます。勿論、急性の問題がある場合は1〜3ヵ月にこだわる必要はありません。 Adrenal Fatigue 治療に関しての注意事項 現在 Adrenal Fatigue 治療は保険診療ではありません。海外で行われる検査、バイオアイデンティカルホルモン療法、臨床栄養療法およびキレーション治療は日本の厚生労働省により保険適応承認された検査および治療ではありません。全てご自身の判断と自己責任において行われるべき点もご了承ください。

副腎疲労(Adrenal Fatigue簡易チェック)

もしかしてその不調は“副腎疲労が原因かも”

  • すぐにイライラしてしまう
  • 感情のコントロールが上手く出来ない
  • 疲れがとれない
  • 集中力が続かない

副腎疲労とは

副腎の機能低下が続くとホルモンバランスが乱れ、慢性的な疲労だけではなく、
精神面で不安定になったり、食欲不振、下痢、極度の便秘、アレルギー症状など、生活していく上で不便な様々な症状が現れます。

“副腎疲労”について詳細を確認する

遺伝子(SNPs)検査

~上手く回っていない遺伝子回路を特定する検査~

検査費
110,000円(税込)

遺伝情報のわずかな変異が、体質の違いや、特定の病気へのかかりやすさ、薬の効きやすさや副作用の出方など個人差を生み出す要因になっています。SNPsスニップス(遺伝子検査)から病気の遺伝的背景を調べたり、原因遺伝子が特定されている病気については将来のリスクを予測することで、より個人に合った治療や投薬(オーダーメイド医療)が展開できると考えられています。また生活の質の向上やパフォーマンスアップにもつながります。
一生に一度、ご自身の遺伝子検査をしてみませんか?

遺伝子(SNPs)検査の
詳細を確認する

IgG(遅延型)フードアレルギー検査

~検査リニューアルに伴い、検査項目も従来の94項目から、192項目に大幅に増加~

検査費
46,200円(税込)

あなたが体に良いと思って食べているものや好物が、実は体の不調の原因になっている可能性があることを知っていますか?
遅延型アレルギーは遅れて症状が現れるため、アレルゲンが特定しずらく、症状が出ても原因不明のまま悩んでしまうことがありますが、IgG(遅延型)フードアレルギー検査では、食べてから数時間後~数日後に体で炎症を起こす遅延型アレルギーの有無を調べることが可能です。検査項目は日本人がよく食べる192項目の食品です。例えば小麦に遅延型アレルギーがある人は、普段食べているパンを米粉のパンに変えてもらうなど、遅延型アレルギーを引き起こす食べ物を体に入れる回数や量を減らすことで、長年苦しんできた体の不調を改善させることができます。

IgG(遅延型)フードアレルギー検査の
詳細を確認する

尿中メタル検査

~しつこい疲れの原因を特定する重金属蓄積量検査~

検査費
36,300円(税込)

あなたが長年抱えている体の不調から解放されるには、日常生活を送るうちにいつのまにか体に蓄積している有害重金属を調べ、さらにそれを体外に排出することが必要です。
有害重金属は頭痛、不眠、栄養の吸収阻害などさまざまな体の不調を引き起こすと言われていますが、その中でも特に私たちに身近なのが水銀やアルミニウムです。マグロの刺身などを好んで食べる日本人は水銀の蓄積量が欧米人に比べて2~6倍も高いとも言われています。アルミニウムはアルミ缶やアルミ鍋などから溶け出します。尿中メタル検査では体内に蓄積している有害重金属20種類と必須ミネラル18種類の全38種類を検出することが可能です。
また蓄積した有害重金属はキレーション治療により、体外に排出することができます。

尿中メタル検査の詳細を確認する

有機酸検査

~エネルギー産生過程の不具合を特定する検査~

検査費
46,200円(税込)

お腹の調子悪くないですか?その原因は、あなたの腸内でカビが繁殖しているからかもしれません。
有機酸検査は、少量の尿から検出される有機酸化合物およびその他の代謝副産物から、健康状態を確認できる検査です。全76項目もの検査結果から、腸内環境や代謝の状態、ビタミンやミネラルの過不足、環境毒素による影響など、体内のさまざまな情報を知る事が可能です。また腸内のカビはサプリメント治療で取り除くことができます。

有機酸検査の詳細を確認する

ストレスホルモン・性ホルモン検査 

~意欲・活力を支えるホルモンの分泌量の検査~

検査費
85,800円(税込)

ストレスを感じる、体がだるい、意欲や活力がわかない、朝どうしても起きれない、こんな症状を毎日感じていませんか?
副腎皮質から分泌されるホルモンの1つであるコルチゾールは、ストレスを受けた時に分泌量が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています。
1日4回(朝、昼、夕方、夜)、唾液を採取して、日中のコルチゾールの分泌量の変化を評価することが可能です。また治療により、コルチゾールの分泌量を調整しパフォーマンスが高まる時間を活動のピークに持ってくることができます。
さあ、あなたの最高のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。

ストレスホルモン・性ホルモン検査の
詳細を確認する

ステロイド代謝検査 

~病気のリスク軽減に役立つ検査~

検査費
88,000円(税込)

あなたの体のホルモンバランスは本当に正常ですか?
尿中のステロイド代謝産物を測定することで、ステロイドの代謝過程を知りホルモンレベルやバランスを評価することが可能です。例えば男性ホルモンであるテストステロンの代謝を知ることで、メタボリックシンドローム症候群のリスク軽減、女性ホルモンであるエストロゲンの代謝を知ることで、乳がんのリスク軽減にも役立ちます。

ステロイド代謝検査の
詳細を確認する